ホエールウォッチングってどんなアクテビティ?

ホエールウォッチングでクジラと仲良くなろう!ホエールウォッチングの魅力とは - ホエールウォッチングってどんなアクテビティ?

新着情報

◆2016/11/11
ホエールウォッチングってどんなアクテビティ?の情報を更新しました。
◆2016/11/11
サイトマップを新規投稿しました。
◆2016/02/18
意外にも待ち時間の少ないアクテビティを新規投稿しました。
◆2016/02/17
ホエールウォッチングは保証付きのアクテビティを新規投稿しました。
◆2016/02/16
ホエールウォッチングはどんなことをするのかを新規投稿しました。

ホエールウォッチングってどんなアクテビティ?

今、話題になっている冬だけ楽しむことができるアクテビティをご存じでしょうか。
冬のアクテビティと言えばスキー、スノボ、アイススケート、そんなウィンタースポーツのイメージが強いですよね。
しかし、実は冬だけしか楽しむことができない貴重な体験をすることができるアクテビティが今沖縄にあるんです。
そのアクテビティこそが、ホエールウォッチングという生のクジラを見ることが出来るものなんです。
バードウォッチングなどは聞いたことがあると思いますが、ホエールウォッチングというのは聞き馴染みがないと思います。
それについて紹介していきましょう。

ホエールウォッチングとは

簡単に言うと、バードウォッチングのクジラ版です。
野生の中で生活しているクジラの実態を、間近で観察しようというようなものなんですね。
しかし、鳥ならば手近な森林にでも行けば見つかるでしょうがクジラなんてそうそう見つかるものではないです。
ところが、沖縄では世界でも有数のホエールウォッチングポイントがあってそこに冬ごろに行くことで北海から戻ってきた子育て、出産時期のクジラの群れと遭遇することが出来るのです。

何をするものなのか

ホエールウォッチングといっても、クジラは普段海中で生活しているわけですから姿を見ることはなかなか難しいです。
いくら沖縄の海が綺麗で透き通ってるからと言って海の底まで見渡すことが出来るわけでもないですし、かと言ってこの時期にダイビングなんかするのは自殺行為ですからね。
では、どうするのかというところなのですが実はこのホエールウォッチングポイントというのは、クジラがただ集まっているわけではないのです。
出産や子育てをするポイントだからこそ、クジラたちはつがいを作ったりするので、求愛行動やクジラ同士のコミュニケーションのためのパフォーマンスをみることが出来るんです。
ダイナミックな体を使ったボディランゲージを見せ、海の上を飛び跳ねる大迫力な姿を存分に楽しむことが出来るでしょう。

水族館でもいいのでは?

thrhtsr
確かに、最近の水族館では海洋生物ならなんでも見ることが出来ます。
実際、小型のクジラなどは水族館で見ることが出来ますからね。
しかし、ホエールウォッチングで見ることが出来るクジラはスケールが全然違うんです。
そう、何と沖縄ホエールウォッチングで見ることが出来るのはクジラの中でも15m近くあると言われる大型種のザトウクジラなんです。
こんな大きなクジラを見れるのはホエールウォッチングだけ、しかも水族館のショーさながらのパフォーマンスを見せてくれるわけですから、正に沖縄でしか見ることが出来ないクジラと言ってもいいかと思います。

クジラと実際に触れ合えるのか

流石に、クジラに接近して触るなんてことはできませんがかなり近い距離まで近づくことが出来ます。
肉眼ではっきりと見ることが出来るところまで近づくことが出来るし、クジラはそもそも巨体なので至近距離まで近づかなくても簡単に見えるんですね。
しかし、たとえばクジラがこの時期は求愛行動のために海の中で歌ってくれるんです。
だから、水中マイクなどを使ってクジラの歌を聴くことが出来るんです。
これも、やはり生で聞くと本当に感慨深いものを味わうことができますのでお勧めです。
クジラのパフォーマンスもどれも非常に大迫力で見応えがあるし、何よりほかでは見ることができないような感動があるので必見の価値ありです。